公益社団法人 全国私立保育連盟

活動報告

全私保連青年会議 新執行部体制スタートしました!!

令和3年5月11日に行われた青年会議幹事会にて役員改選が行われ、正式に新執行部ならびに各専門部長が決定しました。
今回は新体制となった青年会議執行部の先生方と各専門部の新たなビジョンを紹介させていただきます。
<新たな青年会議ビジョン2021>
会長 横山和明(宮崎県)

【2021全体ビジョン】人としての“成長”の場
 自分たち青年は、社会の変化に対応し助け合い、新しい価値を創造することがマテリアリティ(重要課題)だと感じています。青年らしい自由な発想と共に、保育の質の向上や経営感覚を研ぎ澄まして、新しい価値を創造し積極的にチャレンジしたいと思います。2021年も全国の青年会議幹事、会員と相互に意思を疎通させ、学び協力し合うことで、より魅力的な青年会議にしていきたいと考えています。
 
 
<各専門部の新ビジョン>

副会長・企画部長:松山 圭一郎(茨城県)

【企画部ビジョン】新メンバーと共にイノベーションを起こす!
 新たな企画部メンバーも多数加え、今までの企画部の歴史も継承しながら、新たなチャレンジをすべく、多彩なメンバーと共に互いの知恵や経験を融合しながら、こらからの保育界において必要とされるものは何かを考え抜き、それらを会員に向けて提供できるよう、企画運営を行ってまいります!


副会長・総務部長:遠藤 幸太(岩手県)

【総務部ビジョン】幹事会の活性化 情報交換、情報共有できる青年会議
 総務部は、会議の運営が主な活動になります。役員会、幹事会がスムーズに運営するのはもちろん、各代表幹事が活発に意見を出せる環境、WEBでも幹事の交流が深められる取り組みをしていきます。情勢報告や各地域の情報や状況等も発信するよう取り組みます。

 
副会長・研修部長:伊藤 悟(静岡県)

【研修部ビジョン】今だからこそ求められる『青年会議研修』の創造
 とてつもないスピードでゲームチェンジが起こっている今日、保育界にも大きな変化が求められていると感じます。新たな時代に対応していくために、研修部に求められる役割は何かを追求していきたいと思います。そして、これまでの研修部で積み重ねてもらった歴史を大切にしつつ、『青年会議らしさ』を前面に出した、新たな研修を企画・実行してまいります。

 
副会長・調査研究部長:堀田 真吾(愛知県)

【調査研究部ビジョン】新たなる視点の発掘・調査
 青年会議としての目標、及び調査研究部の前任者たちから思いを継承し、新部長としてメンバーと共に、今、求められている情報は何か、何をデータとすべきか、また、新たなる視点を発掘すべく、青年会議ならではの調査研究をしていきたいと思います。

 
副会長広報部長帯田 英児鹿児島県

【広報部ビジョン】青年会議のブランドイメージを全国へ発信
 広報部の使命は、全私保連青年会議の持つ存在価値や意義を全国へ発信すること。
青年会議新たなコンセプトである“子どもと共にある青年会議”を全面的にアピールするために、青年会議メンバーの組織や保育実践等についても発信していきます。
 様々な媒体を使ったこれからの園広報の在り方について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

以上新体制となった青年会議執行部、これから全国の代表幹事の先生方と一緒に、青年会議らしく魅力ある活動を積極的に行っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。