子どもの最善の利益を考慮した保育とは

一人ひとりを具体的に大切にする保育、つまり保育所保育指針に「保育所保育の目的」として掲げられている「子どもの最善の利益」を考慮した保育とは、日本が1994年に批准した「子どもの権利条約」の主旨と共通しており、わたしたち保育者が保育の基礎とし、日々実践している保育そのものだと考えています。この意味からも、「子どもの権利条約」とは難しいというよりも、身近な存在として捉え、活用し、理解を深めることは日々の保育に役立つと考え、保育通信とあおむし通信にコラムを掲載しております。

子どもの権利条約について詳しく知りたい方はこちら

保育通信2014年6月号・7月号・12月号、2015年4月号、2017年4月号に子どもの権利条約に関する記事を掲載しております。
興味がある方はこちらもぜひご覧ください。

記事一覧