公益社団法人 全国私立保育園連盟

研究機構

保育通信2014年11月号(No.715)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第24回(最終回)―保育のグランドデザインを考える対談【12】…続・次の世代に伝えておきたいこと』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 遠山洋一/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、東京都多摩市・バオバブちいさな家保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

第24回―保育のグランドデザインを考える対談【12】

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年10月号(No.714)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第23回―保育のグランドデザインを考える対談【11】…次の世代に伝えておきたいこと』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 遠山洋一/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、東京都多摩市・バオバブちいさな家保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

第23回―保育のグランドデザインを考える対談【11】

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年9月号(No.713)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第22回―保育のグランドデザインを考える対談【10】…続・地域の文化の中で保育をするということ』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 當間左知子/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、沖縄県浦添市・パンダ保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年8月号(No.712)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第21回―保育のグランドデザインを考える対談【9】…地域の文化の中で保育をするということ』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 當間左知子/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、沖縄県浦添市・パンダ保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年7月号(No.711)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第20回―保育のグランドデザインを考える対談【8】…保育者主導と子ども主導のバランス』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 片山喜章/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、神戸市・はっと保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年6月号(No.710)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第19回―保育のグランドデザインを考える対談【7】…日々の保育からグランドデザインを』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 片山喜章/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、神戸市・はっと保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。


*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年4月号(No.708)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第18回―保育のグランドデザインを考える対談【6】…遊びと生活』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 藤森平司/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会代表、東京・新宿せいが保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年3月号(No.707)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第17回―保育のグランドデザインを考える対談【5】…人類の知恵と保育のグランドデザイン』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 藤森平司/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会代表、東京・新宿せいが保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年2月号(No.706)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第16回―保育のグランドデザインを考える対談【4】…保育の場のアートについて―②「美」と「共同体」』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 室田一樹/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、京都・岩屋保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

保育通信2014年1月号(No.705)掲載 『シリーズ 乳幼児期の教育を考える 第15回―保育のグランドデザインを考える対談【3】…保育の場のアートについて―①子どもの「表現」』(汐見稔幸/白梅学園大学学長 室田一樹/全私保連保育・子育て総合研究機構研究企画委員会委員、京都・岩屋保育園園長)を下記よりご覧いただけます。画像をクリックするとPDFファイルにてダウンロードすることができます。

*お願い/このシリーズで私たちが語ったことを、そのままでもよいし、皆さんなりに消化し、構成し直した形でもよいので、皆さんの園の保護者に投げかけ、そこから返ってきたものを私たちに伝えていただきたいと思います。

前へ 1 2 3 次へ