公益社団法人 全国私立保育園連盟

保育カウンセラー

開催日程
平成29年7月10日(月)~14日(金)
開催場所
長野県・茅野市

12017年7月10日~14日の5日間で、保育カウンセラー養成講座第23回ステップⅢが長野県茅野市のエクシブ蓼科にて開催されました。梅雨時にも関わらず心地よい風が吹くリゾート地で、58名の参加者の皆さまとともに、4泊5日の研修を行うことが出来ました。

白梅学園大学教授の長谷川俊雄氏による「保育ソーシャルワーク」の講義では、子どもの貧困から社会情勢を通して、今の子どもたちがどう生きにくくなっているかを知ることの必要性、生き辛さを抱えている子どもたちが生きていく中で原点となる保育園の重要性について最新の情報を踏まえてご講義いただきました。また、保育カウンセリングは問題が起きてしまう前に予防的に行うものであるのに対し、保育ソーシャルワークは起きてしまった問題へ対応するものということで、実践技法の演習も行いました。

2淑徳大学准教授の齊藤崇氏による「保育カウンセリングトレーニング」では、ステップⅠで学んだことを丁寧に振り返りながら、保育者に何故カウンセリングが必要なのか、職場でストレスを抱えないためには何が大切かを学びました。講義の中で、「管理者がこの講座を学ぶと園の経営に役に立つと思う」というお話しがとても印象的でした。

3多摩心理学研究所所長の清水幹夫氏による「成長指向の保育カウンセリング」では、保育現場での様々な出来事や問題を成長に繋げる考え方や方法を学び、後半は「自己生成プロセスワーク」というグループワークを行いました。自己生成とは、たくましく生きる力を育成することであり、私たちが保育を通して自己生成することの大切さを考えるきっかけとなりました。

素敵な講師陣からレジュメに沿って丁寧に進められた内容の濃い講義を受けることができ、充実した研修会でした。受講生からはこれからも学び続けたいという力強い感想をいただき、学び続けることの重要性を深く感じた講座となりました。

開催日程
平成29年6月19日~23日
開催場所
滋賀県・米原市

12017年6月19日~23日の5日間で、保育カウンセラー養成講座第42回ステップⅡが滋賀県米原市で開催されました。ステップⅠを修了し、今回参加された方は46名でした。
初日はオリエンテーションの後、静岡大学准教授の井出智博先生による「保育カウンセリングの理論と技法Ⅲ-ロジャーズのカウンセリング理論-」の講義でした。

2日目の午前中は初日に引き続きロジャーズの理論について学び、午後からは「演習Ⅱ・傾聴トレーニング」の講義で、これまで学んだことを活かしながら演習を行いました。 

2◎カウンセリング…その人がもともと持っている力を発揮できるようにすること、その人がその人らしくいられるように援助すること。ロジャーズはそのためには、自己実現傾向が発揮されるような「条件」を整えればよいと考えた。

3日目の「保育カウンセリングの理論と技法Ⅳ-交流分析-」の様子です。講師はCHR研究所所長の小山田治子先生です。交流分析の哲学は「人は誰もがOKである」「人は誰でも考える能力を持っている」「人は自分の運命を決め、その決定は自分で変えることができる」です。これらをもとに、5つの心の働きである自我状態やストロークを学び、午後からは『こんなとき何と言いますか?』という演習を行いました。

34日目は「保育カウンセリングの理論と技法Ⅴ-アサーション-」です。講師は明治大学教授の諸富祥彦先生です。

午前中は、2人1組または4人1組のグループで、自分の長所を見つけけたり、自分や他者を動物や花、色などに例えると何か?などのイメージを深めたりしました。また、自分も相手も大切にした自己表現である「アサーション」を学び、アサーティブな関わり方を、3種類の対人行動を通して演習を行いました。

446名の受講生は、交流分析やロジャーズの理論に触れ、そして多くの演習を通して「自他を理解する・自他を受容する」という学びの一歩を踏み出しました。

開催日程
平成29年5月22日(月)~26日(金)
開催場所
長野県・軽井沢町

12017年5月22日~26日の5日間で、保育カウンセラー養成講座第65回ステップⅠが長野県軽井沢町のエクシブ軽井沢にて40名の方に参加いただき開催されました。5月末の軽井沢にしては、少し暑さを感じ、浅間山もきれいに見え、室内での講座がもったいない位の気持ちの良い天候でした。受講者は4泊5日の長い研修ということで、適度に緊張した面持ちでの参加となりました。

緊張感のあるスタートではありましたが、初日のコミュニケーションに関する演習、懇親会などの講座が進むにつれて、同室の方だけでなく、多くの受講生と打ち解けて進んでいきました。

3日目の夜に開催されたトーク広場では、普段関わることの少ない他県の保育園の話題や情報交換等で盛り上がり、トーク広場終了後もロビーで話し込む姿も見られ、個々の悩み、情報交換が十分に行われました。

講座後半は、保育から離れた普段とは違う生活に加え、自分の気持ちと向き合う演習に繰り返す中で、少し疲れがでてきた受講生も見られましたが、どの受講者も最後まで真剣に取り組み、講義終了後は5日間をともに過ごした仲間たちとの別れを惜しむ声や、ステップⅡ講座にぜひ参加したいとのありがたい声もいただきました。講座終了後に記入するアンケートでは、この研修で多くの気づきをこれからの保育の中で活かしたいとの多くのご意見をいただき、5日間での学びの深さを感じる講座となりました。

開催日程
平成29年1月16日(月)~20日(金)
開催場所
和歌山県・白浜町

平成29年1月16日から20日にかけて、保育カウンセラー養成講座第64回ステップⅠを和歌山県白浜町で開催しました。

様々な体験学習を通して、保育カウンセリングの基礎を学ぶことが出来ました。

3日目には、白百合女子大学の大野祥子先生より「家族関係の心理学」の講義を受けました。今の家族がどのような状況にあるのか?その状況を作った背景は何か?私たち保育者が支援をするうえで必要な知識を得ることが出来ました。

今年度の本講座はこれで終了となります。来年も一緒に学びましょう。

保育カウンセラー養成講座 2017年度開講案内ダウンロード

 1 2 3 

開催日程
平成28年12月3日(土)~24日(日)
開催場所
福岡県・福岡市

1寒さも厳しくなってきた12月3日-4日の2日間で、保育カウンセラー養成講座第22回ステップアップを、福岡県福岡市で開催いたしました。

今回の講義テーマは「ファシリテーション」でした。当講座としては初の土日での開催でしたが、24名の参加者とともに学びを深めてきました。カウンセリングマインドを持った参加者達は、それぞれが影響しあい、温かくゆったりとした時間を共有し、自己理解、他者理解を深めたようです。

2ファシリテーションとは、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つです。

3保育の現場は集団が基本です。その中で、ファシリテーションを学んだ人がいると、より良い関係性を築けるようになります。まさに保育現場に必要な力なのではないでしょうか。

当委員会では、これからもステップアップとして、様々な講座を企画していきます。

  

開催日程
平成28年11月14日(月)~18日(金)
開催場所
大分県・別府市

第63回ステップⅠが20年ぶりに大分県の温泉地、リゾーピア別府で開催されました。受講者50名中、九州地区から28名の方にご参加をいただきました。

1今回の講座は、カウンセラーで臨床心理士の大竹直子先生(千葉大学)に2日間に渡りご講義をいただきました。

「保育現場に必要なカウンセリング理論」の大竹先生の講義では、自分を知ることの必要性、傾聴することの大切さ、保育現場において保護者の話を聴くときの流れや大切なポイントについて学びました。

また、「コミュニケーショントレーニング」では、ワークを中心に学んでいきました。2人組、4人組、6人組で「話す」「聴く」を丁寧に行い、その中で気づいた自分自身の課題、その課題に向けて何が必要になってくるのか、何を大切にするのか等を考え、これまでの自分を振り返るための時間を持ちました。講義の中で、大竹先生が受講生と実際にカウンセリングを行う場面もあり、プロのカウンセリングを目の前で見る貴重な体験となりました。

2「家族関係の心理学」では、発達心理学、家族心理学がご専門の大野祥子先生(白百合女子大学)にご講義いただき、家族の定義や現代の家族に起こっている問題、今後求められることは何かをクイズ形式で考えていきました。

3「体験からの気づき」の講義では、トラストウォークを行い、雨上がりの心地よい風を感じる芝生広場で、相手の気持ちに寄り添いながら、体験演習を行いました。

別府の地で、明るく元気な受講生の皆さんと過ごす時間はとても楽しく、有意義なものであり、内容の濃い、充実した4泊5日となりました。

開催日程
平成28年10月17日(月)~21日(金)
開催場所
長野県・軽井沢町

平成28年10月17日(月)から21日(金)まで、保育カウンセラー講座第41回ステップⅡが長野県のエクシブ軽井沢において開催されました。今回は50名の方にご参加いただきました。

1・2日目の保育カウンセリングの理論と技法Ⅲでは、「ロジャーズのカウンセリング理論」について学びました。講義冒頭にアイスブレーキングを行うことで、参加者の緊張を和げることからはじまり、講義へと移りました。

写真①※アイスブレーキングとは、初対面の参加者同士が共にワークをすることで、コミュニケーションを取りやすい雰囲気を作り出し、緊張をほぐすための手法です。

3日目の保育カウンセリングの理論と技法Ⅳでは、「交流分析」について学びました。エゴグラムを通して、今の自分自身を知るワークを行いました。



 

写真②※エゴグラムとは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テストです。交流分析の理論をもとに自己理解・他社理解を深め、それぞれの違いを認め、受け入れられるようになれば、さまざまな問題に対して、事実を見極めて最善の解決方法を導くことができるようになります。




 

写真③※4日目の講座最後の夜に行われる「お別れパーティー」では、グループごとに簡単な寸劇をしました。 

明るく元気な参加者の皆さん…今回のご縁を大切にしてこれからの保育に励んでいただきたいと願っています。

開催日程
平成28年9月5日~9月9日
開催場所
静岡県・浜松市

012016年9月5日~9月9日の5日間で静岡県浜松市のグランドエクシブ浜名湖にて、

保育カウンセラー養成講座第22回ステップⅢが開催されました。

ステップⅠ・ステップⅡを修了して、今回のステップⅢに参加したのは49名でした。

台風の進路が心配されましたが、大きな影響なく無事に終えることができました。

 





 

022日目の講義「保育ソーシャルワーク」の様子です。

●ソーシャルケースワークとは本人の中にある力を信頼し、本人が課題を乗り越えていくという変化の過程に参加するものです。決して問題を援助職が一方的に解決することではありません。問題をゆたかに経験することを促進し、そうした問題を生み出す社会構造を改革することを本人から負託されているものです。





これは、ある「場面設定」に基づいて、ソーシャルワーカー・母親・観察者の役割をもって、自分たちであれば、この場面でどのような対応をするかを交代しながら演じているところです。

033日目の「保育カウンセリングトレーニング」の様子です。 

●保育カウンセリングトレーニングとは保育士として相談を受ける際、必要なことに焦点を当ててトレーニングを行う研修です。

トレーニングの中心は、「話の中の感情」に注目することでした。話し手・聴き手・観察者を順に交代しながらのグループ実習です。これまで学んできた技法を頭に置きながら、相手の話の感情に注目して聴き手としての役割を果たすことの難しさを身をもって経験する時間となりました。



4日目は「保育カウンセリングの理論と技法Ⅳ-成長指向の保育カウンセリング-」の講義です。

長年、保育カウンセラー養成講座を支えて頂いている清水幹夫先生(多摩心理臨床研究所所長)にご講義頂きました。午前は座学が中心で、所々で講義を聴いた感想を隣同士の受講生でシェアしながら進みました。学んだことを互いにシェアすることで、記憶の定着を促す効果があるそうです。 

午後は清水先生が全員の前でワークのモデルを示し、その後、受講生も実際に自己生成ワークに取り組みました。

04 05

そしてこの日の夜は…お別れパーティーを行いました。「ステップⅢで心に残っていること」「月曜日からはこうしてみようかな」「同室の方へのメッセージ」など、その他何でも、というお題で、壇上で一言ずつ話して頂きました。

これまで共に学んできた皆様からの溢れる想いを聴き、委員としても心が揺さぶられた時間となりました。

開催日程
平成28年6月20日~24日
開催場所
長野県・茅野市

平成28年6月20日(月)~6月24日(金)まで長野県の蓼科にて保育カウンセラー養成講座の第40回ステップⅡが開催されました。今回の講座の内容について写真とともにご紹介します。

1まずは、2日目の保育カウンセリングの理論と技法Ⅲの風船のワークです。自分一人で、ポンポンと上へ弾ませるところから始まり、二人組、四人組へと人数を増やし、風船のバレーを行っています。人数が増えれば増えるほど、風船が地面に落ちないようにするための工夫が必要になるという気づきが受講生の中から上がりました。保育の現場でも、一人で一人の子どもをみることは難しくありませんが、子どもの数が増えれば増えるほど、私たち保育者がいかにルールや連携といった共通の認識を持てるかが大切だと学びました。

2次は、3日目の保育カウンセリングの理論と技法Ⅳでの「こんなときなんと言いますか?」のワークです。保育の現場でよくある事例を読み、自分ならどんなセリフを言うかを考えて、実際に演じてみているシーンです。

そして、最後に3日目の夜に行われた「フリートーク広場」をご紹介します。今年度から全員参加のプログラムとなりました。4~5人のグループに分かれ、テーマの「職場の人間関係」について、約1時間半の話し合いをしました。多くの受講生の方との交流の機会になったようです。

3ステップⅠの学びをもとに、「自他を理解する」「自他を受容する」という今回の目的に向かって学び合った受講生35名は、笑顔に溢れた最終日を迎え、帰路に着きました。

開催日程
平成28年5月30日(月)~6月3日(金)
開催場所
和歌山県・白浜町

1平成28年5月30日(月)から6月3日(金)まで、サミットが終わったばかりの三重県鳥羽にて、保育カウンセラー養成講座の第62回ステップⅠが開催されました。

講座4日目に行う「体験からの気づき」では、様々なワークを通して学びを深めていきます。トラストウォークでは、目を閉じた状況の中でパートナーに援助してもらいながら、水に触れたり、風を感じたり、貝殻に触れたりといった経験をします。

2そのプロセスの中で、他人を信用することや他人に信用してもらうこと、また、視界から得る情報の多さに気づくことで、カウンセリングに大切な、クライアントに寄り添う感覚などを学ぶことができたのではないでしょうか?

3参加者も、最初は恐怖を感じていたようでしたが、寄り添いあう感覚を味わうことで多くの気づきを得られたようです。

保育の中で必要不可欠となったカウンセリングの学びを72名の参加者と私たちスタッフ一同で共有できたことをうれしく思います。