公益社団法人 全国私立保育園連盟

保育カウンセラー養成講座

保育カウンセラー養成講座とは
 全国私立保育園連盟の「保育カウンセラー養成講座」は、保育者(保育士のみならず、保育に関わるすべての人)が、カウンセリングの理論と技法を活かし、日常の保育、保育園運営、子育て支援などの一層の充実を図ることを目的にしています。
 一方、文部科学省でいう「保育カウンセラー」とは臨床心理士などの資格を持ち、保育園や幼稚園で直接保育には関わらず相談業務を行う人を指しています。
 従って、その性格や業務内容はかなり異なります。私たちのいうところの「保育カウンセラー」をあえていえば、カウンセリングマインドをもった保育者ということでしょうか。
 私たちは、保育に関わるすべての者が保育カウンセラーとなり、保育・子育て支援を行うことを願っています。

開講案内をダウンロード


各講座コース内容について

1)ステップⅠ(旧初級コース)
カウンセリングの基本的なイメージを把握し、その基礎理論を学ぶとともに、保育とカウンセリングの関係について学ぶ入門コース。

2)ステップⅡ(旧中級コース)
カウンセリングの中心課題の一つである「自他理解/自他受容」について、その理論を学ぶとともに体験学習等を通して具体的に理解するためのコース。

3)ステップⅢ(旧上級コース)
子育て支援者としての実践力を身につけるために、自己確立の方法とその理論や、地域の援助機関との連携について学ぶコース。

4)ステップアップコース
保育に必要なカウンセリングに関するより幅広い知識と技法についてより広くより深く学ぶとともに、事例研究を通して、実践的な力量を高めるためのコース。

5)管理者のための公開講座
管理者が保育カウンセリング入門講座を体験し、職員研修の一環に取り入れることを検討していただくための講座です。