公益社団法人 全国私立保育園連盟

研修報告

保育カウンセラー養成講座 第24回ステップⅢ開催報告

開催日程
平成30年6月18日(月)~22日(金)
開催場所
滋賀県・米原市

平成30年6月18日から6月22日の5日間にわたり、エクシブ琵琶湖に於いて、保育カウンセラー養成講座 第24回ステップⅢが開催されました。当日は大阪を震源とした大地震が発生し、全国各地から参加予定だった受講生のほとんどが公共交通機関の影響により、時間通りに到着できない状況で、少人数でのスタートとなりました。最初こそ参加者の様子は落ち着かないように見受けられましたが、時間の経過とともに少しずつある種の連帯感のようなものができ、温かい空気に変わっていったように感じられました。

2日目の朝には20名が揃い、予定通りのプログラムを行うことができました。今回は少人数での講座でしたが、半数が主任や主幹教諭という役職にあるリーダー層でしたので、落ち着いており、主体的で真面目に取り組んでいる様子でした。講座内容としては、ステップⅢということでカウンセリングの基礎を踏まえた深い実技もありました。3日目に行われた齊藤 崇氏(淑徳大学教授)の「保育カウンセリングトレーニング」の演習では、「今、ここでの気持ち」に焦点を当て、受講生の内面に触れていく際には、温かい雰囲気に包まれて感情があふれ出すような場面もありました。

同日のトーク広場には全員が参加し、目立って体調を崩す方も出ませんでした。4日目のお別れパーティーでは有志でダンスを披露したり、全員での集合写真撮影などを行い、大きなひとつの園のような、場が和んで安心できる一体感が感じられました。最終日は、本講座のふりかえりとして一人2分以内で全員が発言して意見交換を行いました。初日こそ大きなアクシデントに見舞われましたが、少人数を生かした忘れられない学びの5日間となり、無事に終了を迎えることができました。
 

(三幣典子/保育カウンセリング企画部)