公益社団法人 全国私立保育園連盟

活動報告

開催日程
平成28年2月23日(火)
開催場所
東京都・浅草ビューホテル

01平成28年2月23日(火)浅草ビューホテル(東京)にて全私保連青年会議主催による第11回特別セミナーが、「リーダーの視点」~果たすべき役割とこれからの広報戦略!~をメインテーマに、講演会、パネルディスカッションの二部構成で開催されました。

第一部では、矢藤誠慈郎氏(岡崎女子大学教授)による講演「保育の質を高める人材育成」〜組織マネジメントの視点から〜と題し、ご講演いただきました。

経営とはお金を儲けようとすることではなく、限られた資源を活用して最大限の成果をあげようと努力や工夫のことである。したがって、保育施設に「経営」は欠かせない。保育施設が経営を意識してきていないとは言わないが、経営の対象が何かについては十分に理解されていないかもしれない。最も重要なのは組織の「価値」を経営(マネジメント)すること。保育施設で言えば、質の高い保育をして子どもの最大限の育ちを保障することができていなければ、保育施設としての価値を問われることになる。では、どうすればいいのか。現場の先生が良い保育を考えて出来るようにならなければならない。一人で考えるのではなく、組織で考えていく必要がある。

02第二部では、パネリストに大江恵子氏(りとるぱんぷきんずグループ 統括園長)、瀬木葉子氏(株式会社保育のデザイン研究所 代表取締役)、志賀口大輔氏(なごみこども園 園長)、脇淵竜舟氏(全私保連青年会議 副会長)、第一部でご講演いただいた矢藤誠慈郎氏にコーディネーターで再びご登壇いただき、パネルディスカッションを行いました。

パネルディスカッションでは、リーダーとして果たすべき役割と広報戦略を、それぞれの立場から具体的な例も含めて、お話をいただきました。

リーダーの資質と人材育成について、人の人材育成の前に自らの人材育成、尊敬されるリーダーを目指す。リーダーの資質として、①「前向き、素直、謙虚」であること。②明るく元気であること。③「情熱、志、信念、感謝」をもつ。④決断力と責任感、そして覚悟をもつ。⑤至誠の心で成長を続ける。⑥感情をマネジメントする。また、リーダーの視点として、職員には求めるよりも認めること(美点凝視)が大切である。そして、リーダーは「何を目指し、何を成し遂げることが使命なのか」 、「組織」「保育」「広報」など、園運営にかかわる様々なことを考え、「それは何のためにするのか」という原点、常に本質は何であるのかを見極めていくことが大切である。

保育士不足について、保育士定着施策調査報告書のデータをもとに話をされました。

全体として、効果が高かったのは「職場環境の改善」と「職場の人間関係」の施策。人間関係に関する施策として、効果が高いのは相談や異動等の事後対応よりも、「日常の指導・心構え」「教育・研修」等の「予防」。また人材育成の施策としては、「外部研修参加支援」を導入している事業者は多いが、「社内研修の実施」の方が効果は大きい。

「これを行えば圧倒的な効果がある」というような施策があるわけではないが、様々な施策を取り入れ複合的に対応することが大切で、園長等のマネジメント、保育者の良好な人間関係構築等に関する指導・研修が保育者定着につながると言えよう。

03テーマにある広報戦略の広報の意味を考えると、PR(パブリックリレーションズ)である。PRとは、一般社会と良好な関係を構築し、それを維持すること。伝えたいことをやりたいように表現する広告とは根本的に違う。広報・PR活動に必要なのは、客観性と公共性。①「言いたいこと」ではなく、「求められていること」②徹底的に我を知る。③「自分の利益」ではなく「みんな利益」④「よく見せる」ではなく「ありのまま」⑤「ありのまま」だけど、「心地よい演出」を。⑥「結果」「効果」にこだわりすぎない。⑦「派手に一発」ではなく、「地味に継続」⑧あふれんばかりのサービス精神。⑨みんなが喜ぶことをやる。

例えば、クルマを買うときのことを思い浮かべてみましょう。納車までは毎日のようにカタログを眺めたりwebサイトを見たりします。でも、手元に届いた瞬間それらから遠ざかります。こども園でも同様で、最もアクセスするのは「まだ直接的な関わりを持ってない人」です。もちろん在園児のためのコンテンツもある程度は必要ですが、紙媒体のおたよりなどがあるわけですからあくまで二の次です。ここを明確にすることが機能的なデザインにつながります。

04具体的な取り組みとして、浜松市のこども園では、4つの機能が一体となった複合施設を開設している。①就労支援機能業、②子育て支援機能、③カフェ、④おもちゃと絵本の販売。地域の需要を拾っていくことで、子育て支援ひろばの利用者数は2年ほどで、5倍に跳ね上がった。どこでも真似できるケースではないが、ひとつのPRの形として、成功した例ではないだろうか。

この度のパネルディスカッションのテーマを考えると、どの先生も奇を衒っている訳では無く、極めてオーソドックスな事をしています。しかし、多様なアプローチをいくつも試し、ひとつがダメだったからと言ってやめてしまうのでは無く、出来ることを少しずつ増やしていくことが大切なのだということを教えいただいたように思います。

開催日程
平成27年1月15日(木)
開催場所
東京都・浅草ビューホテル

01平成27年1月15日(木)浅草ビューホテル(東京)にて全私保連青年会議主催による第10回特別セミナーが開催されました。新しい保育制度を目前にひとつの節目となったこの度の特別セミナーでは、「保育と経営」~新たな時代!選ばれる園になるためには?~をメインテーマに、講演会、パネルディスカッションの二部構成で開催されました。

02第一部では、北野幸子氏(神戸大学准教授)による講演「保育マネジメント」~質の鍵を握る保育者の専門性~と題しご講演いただきました。

保育業界ではPRと説明責任が不十分である。保育の良さ、重要性、独自性を公共に理解して貰い、社会的認識を高めていかなければならない。黙っていても察して貰える時代は終わり、説明しなければやっていてもそれを認められない。選ばれる園になる為には、選ぶ側の力量の向上を図るこちら側からの啓発が必要である。その為にはドキュメンテーション等による保育の可視化が不可欠である。我々の弱点を分析し、課題をいただきました。

第二部では、コーディネーターに桑戸真二氏(株式会社福祉総研代表取締役)、パネリストに黒石誠氏(社会福祉法人夢工房理事長)、北野久美氏(あけぼの保育園園長)、脇淵竜舟氏(青年会議副会長)、第一部でご講演いただいた北野幸子氏が登壇しパネルディスカッションを行いました。

032003年度から2012年度まで毎年400以上の公立小中高校が統廃合され、これから特定の地域を除けば全国的に定員割れの時代を迎えます。その中で選ばれる園である為には何が必要かを考えるべく、それぞれの立場から具体的な取り組みを踏まえお話をいただきました。

選ばれるというのは、保護者からだけではない。保育士確保が難しいこの時代では、保育士からも選ばれる職場としての保育園でなければならない。また、保育者それぞれの得意分野を伸ばし、お互いが補える関係の構築。資格、待遇、業務実践内容はセットで考え、職場の意欲を高めるためのキャリアパスの整備も必要である。最後に「日本の次世代育成を担っているという覚悟を持てば、保育園、幼稚園、認定こども園の違いは無いのだ。」と締め括られた言葉が印象的でした。新制度を迎えるにあたり、これからの自分の指針を考えさせられるディスカッションとなりました。

平成26年1月16日(木)浅草ビューホテル(東京)にて全私保連青年会議主催による「第9回特別セミナー」が開催されました。

保育制度が変わろうとする中、第9回を数えることとなった特別セミナーは、メインテーマに「変わらない保育はここにある」~保育制度が変わる!私たちが進むべき道は?~と題し開催されました。開催にあたり、青年保育者として先人たちが大切にしてきた思いにふれ、これからの保育のあり方を様々な立場から考えたいという思いから、第一部に、豊永せつ子氏による講演「センス オブ ワンダー」と、第二部にコーディネーター、脇淵 竜舟 氏(青年会議 副会長)、パネリストに、平野 弘和 氏(全私保連常務理事・岩根保育園園長)、若盛 正城 氏(こどものもり園長)、内野 光裕 氏(清瀬ゆりかご幼稚園理事長)、桑戸 真二 氏(株式会社福祉総研代表取締役)を招き、パネルディスカッションを行いました。

講演の方では、豊永先生がどのような思いで今まで保育にあたって来られたか、保育園でのエピソードを交えながら語られ、保育の原点を見つめ直す機会となりました。

またパネルディスカッションでは、それぞれの立場から、これから大きく変化する保育に関わる事柄とどのように向き合っていくべきか、現状そして課題など、参加者には気付きの多いディスカッションとなりました。

平成24年3月3日(土)AP浜松町芝パークビルB館地下1階会議室(東京)にて全私保連青年会議主催による「第7回特別セミナー」が開催されました。

第7回を数えることとなった特別セミナーも、今までと同様にパネルディスカッションをメインとし開催されました。開催にあたっての狙いとして新しい保育制度を睨んで、様々な角度から「保育の質と経営」を考えてみたいという思いから、コーディネーターに大豆生田 啓友 氏(玉川大学教育学部准教授)、パネリストに企業代表 山口 洋 氏((株)JPホールディングス 代表取締役)、幼稚園代表 安家 周一 氏(全私幼 幼児教育研究機構研究 副理事長、あけぼの保育園園長)、保育園代表 福田 泰雅 氏(全私保連 保育・子育て総合研究機構 研究企画委員、赤碕保育園園長)を招きディスカッションしていただきました。

また第一部では、村木 厚子 氏(内閣府政策統括官)による基調講演が行われ、「子ども・子育て新システム」についてきめ細やかに説明していただき、参加者からの質問にも解りやすく回答していただけました。今回の特別セミナーも有意義なものになったのではないかと感じました。

a1 a2 a3

平成24年2月14日(木)~15日(金)ホテルグランヴィア京都を主会場とし「第31回全国私立保育園連盟青年会議 京都大会」が開催されました。
「守・破・離」をテーマに参加者477名のもと、金剛能楽堂にてオープニングアクトの金剛流による能「高砂」の後、開会式が行われました。

また、厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課長の橋本泰宏氏より子ども・子育て新システムに関する基本制度について行政説明がなされ、続いて独立総合研究所・青山繁晴氏による記念講演がありました。新しい保育制度がかたまりつつあるこの時期にふさわしい大会となりました。

二日目は各分科会に分かれての研修会が行われ、最後まで多くの参加者の熱気に包まれた大会となりました。

a b c

e7acac6e59b9ee789b9e588a5e382bbe3839fe3838ae383bc-14 e7acac6e59b9ee789b9e588a5e382bbe3839fe3838ae383bc-24

平成23年1月14日(金)国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)にて全私保連青年会議主催による「第6回特別セミナー」が開催された。当日は約160名の参加者が集まり新保育制度を軸に日本の保育の未来について熱く議論が交わされた。

第6回を数えることとなった、この度の特別セミナーも今までと同様に、国会議員の代表、地方自治体の代表、有識者、保育現場の代表などを交えたディスカッションがメインで開催された。
テーマとしては『どうする日本の保育~子どもたちの未来・この国の未来~』と題し、第一部では当日の内閣改造により前任となった前内閣府特命大臣(少子化担当)岡崎トミ子氏による基調講演が行われ、第二部では民主党、自由民主党、公明党、地方知事、有識者の代表を招き、保育制度のあり方、財源等についてパネルディスカッションが行われた。

参加者の多くは新保育制度のこれからの展望が少し見えたように感じたのではないでしょうか。今後の特別セミナーの意義も益々重要なものになっていくのではないかと感じました。

cimg4533 cimg4618 cimg4521

全国各地で記録的な夏の猛暑の影響もあり、ようやく秋の訪れを肌で感じることができるようになった10月14日(木)~15日(金)九州の玄関口である北九州市(リーガロイヤルホテル小倉)にて「全国私立保育園連盟青年会議 北九州大会」が開催されました。

今回の大会は第30回目を迎える記念大会として、500名を大幅に超す参加者が集い盛大に開催されました。大会テーマである「子どもたちの視点で」に基づき、厚生労働省からの行政説明、全私保連からの活動報告がなされるなど、大会初日から新たな保育制度が検討されているというこの時期にふさわしい大会となりました。二日目は各分科会に分かれての研修会が行われ、最後まで多くの参加者の熱気に包まれた記念大会となりました。

この大会の前日である10月13日(水)には、同ホテル内を会場として全私保連青年会議OB会が開催され、全国から30名以上OBの先生方がお集まりになられました。OBの先生方は思い出話に花が咲き会場は大いに盛り上がり、現役会員にとっては青年会議30年の歴史にふれる貴重な機会となりました。

e789b9e588a5e382bbe3839fe3838ae383bc-0171 e789b9e588a5e382bbe3839fe3838ae383bc-0601

平成22年1月14日(火)AP浜松町(東京)にて全私保連青年会議主催による「第5回 特別セミナー」が開催された。当日は全国的な寒波の影響で交通機関に乱れのある中、約200名の参加者が集まり保育制度、日本の保育の未来について熱く議論が交された。

第5回目となる特別セミナー。毎回国会議員の代表、地方自治体の代表、有識者、保育現場の代表などを交えたディスカッションをメインに開催されているが、今回のテーマは「どうなる日本の保育?どうする日本の子育て」と題し、第一部では内閣府特命大臣(消費者・少子化担当大臣)福島みずほ参議院議員による記念講演が行われ、第二部では民主党、自由民主党、全国市長会、メディア、有識者の代表を招き・政権交代後の保育政策について・保育に関する地域分権・財政確保などについてパネルディスカッションが行われた。

現役の大臣が特別セミナーの場で登壇して、保育所の役割の重要性とその財源に対する国の責任の重要性について発言を頂いたことは、多くの参加者の心に響いたことと思う。
今後、特別セミナー開催の意義も更に重要なものになっていくのではないかと感じた。

e99d92e5b9b4e4bc9ae8adb0e9968be4bc9ae5bc8fe585a8e4bd93e382b5e382a4e382bae5b08f

長い冬の到来を感じさせるような気候の中、東北の地、秋田にて11月18・19日の2日間「全国私立保育園連盟青年会議秋田大会」が開催されました。

加盟園の若手経営者及び後継者により構成される本大会は第29回を数え、参加者も350名を超える規模となっています。また、「かだれ!かだるべ 童(わらし)のごど」とした今回のテーマを基に、たゆみない研鑽が行われました。
主催者のあいさつに始まった1日目は、その後各分科会に分かれ、それぞれ保育の課題や質の向上を図るための学びの場となりました。2日目は、俳優の柳葉敏郎氏を迎え、自らの生い立ちと共に我が子の子育てについて柳葉節を交え熱く語って頂きました。

22年度の開催地は、北九州となります。これからも参加者が保育の質の向上を目指した研修会が出来るように期待したいと思います。

前へ 1 2 次へ