公益社団法人 全国私立保育園連盟

活動報告

青年会議 第5回特別セミナー開催

e789b9e588a5e382bbe3839fe3838ae383bc-0171 e789b9e588a5e382bbe3839fe3838ae383bc-0601

平成22年1月14日(火)AP浜松町(東京)にて全私保連青年会議主催による「第5回 特別セミナー」が開催された。当日は全国的な寒波の影響で交通機関に乱れのある中、約200名の参加者が集まり保育制度、日本の保育の未来について熱く議論が交された。

第5回目となる特別セミナー。毎回国会議員の代表、地方自治体の代表、有識者、保育現場の代表などを交えたディスカッションをメインに開催されているが、今回のテーマは「どうなる日本の保育?どうする日本の子育て」と題し、第一部では内閣府特命大臣(消費者・少子化担当大臣)福島みずほ参議院議員による記念講演が行われ、第二部では民主党、自由民主党、全国市長会、メディア、有識者の代表を招き・政権交代後の保育政策について・保育に関する地域分権・財政確保などについてパネルディスカッションが行われた。

現役の大臣が特別セミナーの場で登壇して、保育所の役割の重要性とその財源に対する国の責任の重要性について発言を頂いたことは、多くの参加者の心に響いたことと思う。
今後、特別セミナー開催の意義も更に重要なものになっていくのではないかと感じた。