公益社団法人 全国私立保育園連盟

国へ向けた要望活動

国会請願署名取り組みのご報告


「平成30年度
 すべての子どもにとっての育ちや、子育ての環境を保障し保育の質をよりよくする」ための
 署名の取り組みについて


◇ 平成30年度の署名活動は、全国の保育者そして保護者の皆様のご理解、ご協⼒により883,915名(第2回予算対策委員会開催時点)のご賛同を頂きました。各加盟組織並びに会員園各位のご協⼒に⼼より感謝申し上げます。

◇ 平成30年12月12日に参議院議員会館において全私保連第2 回予算対策委員会を開催し、全私保連小林公正会⻑より参議院議員 尾辻秀久 先生へ、皆様からお預かりした全署名簿の受け渡しが行われました。また内閣府子ども・子育て本部並びに厚⽣労働省子ども家庭局保育課から、保育分野の現状と取り組み等について⾏政説明が⾏われ、特に食材料費(副食費)の取扱いの方向性を中心に質疑応答・意見が交わされました。(報告記事を「保育通信2月号No.767」に掲載の予定です。)

◇ 平成31年度国の保育関係予算は、下記HPから閲覧できます。
○内閣府2019年度予算(案)概要
https://www.cao.go.jp/yosan/soshiki/h31/yosan_gai_h31.pdf
(子ども・子育て支援新制度関係は5ページからです。)

○厚生労働省子ども家庭局2019年度予算(案)の概要
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/19syokanyosan/dl/gaiyo-15.pdf

○文部科学省2019年度予算(案)のポイント
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2018/12/21/1412042_01.pdf
(幼児教育関係は21ページです。)

〈 山名照知 予算対策委員長 挨拶 〉

〈 尾辻秀久参議院議員へ小林公正会長から署名をお渡ししました。 〉

〈 行政説明に対して全国の組織代表委員による質疑応答・意見交換が行われました。〉