公益社団法人 全国私立保育園連盟

トピックス

第42回保育総合研修会 2017年1月25日(水)~27日(金)

第8分科会「保育実践と対話 そのアプローチ…私たちが見直した保育 その理由」

(運営:保育・子育て総合研究機構研究企画委員会)の担当者が決定しましたのでお知らせいたします。

 

○講師

森 眞理(立教女学院短期大学・准教授)

鈴木 眞廣(和光保育園・千葉県)

 

○実践発表者

井出 孝太郎(えじり保育園・静岡県)

引地 美津代(かえで保育園・西宮市)

丸山 和彦(浦和ひなどり保育園・埼玉県)

(順不同)

 

現在、第42回保育総合研修会は参加申込受付中です。

申込締切 2016年12月2日(金)

なお、締切以前に定員に達した場合は、以後のお申込については

キャンセル待ちとなりますのでお早めにお申込ください。

第42回保育総合研修会 開催要綱ダウンロード

平成28年10月27日(木)~28日(金)に開催予定の「第36回青年会議おきなわ大会」は、定員に達したため

申込受付を締め切りました。たくさんのお申込をいただき、ありがとうございました。

申込期日前の締切となりご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

中央労働災害防止協会よりお知らせです。

厚生労働省・中央労働災害防止協会を主唱者として「平成28年度全国労働衛生週間(本週間 2016年10月1日~7日 準備期間 2016年9月1日~30日)」が実施されます。

全国労働衛生週間は、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組む週間です。

今年度は、「健康職場 つくる まもるは みんなが主役」をスローガンとして労働衛生意識の高揚を図るとともに、自主的な労働衛生管理活動の一層の促進を図ることとしています。

この機会に自主的な労働衛生管理活動の大切さを見直し、積極的に健康づくりに取り組んでみましょう。

 

●中央労働災害防止協会 全国労働衛生週間特設ページ

http://www.jisha.or.jp/campaign/eisei/index.html

横浜市こども青少年局からの提供資料です。

平成30年度横浜市立保育所の民間移管にかかる法人募集説明会のご案内です。

横浜市立保育所の民間移管にかかる法人募集説明会

地震については、「地震・噴火・津波危険補償特約」で補償されます。

主な補償内容は、以下のとおりです。

・地震による園児のケガ等(死亡・後遺障害、入院、手術、通院、病気死亡見舞金)

・地震による扶養者のケガ(死亡または重度後遺障害)

 

プラン別では、以下のとおりとなります。

・地震によるケガが補償されるプラン:T(8000円), A(7000円), Mプラン(9000円※)

・地震によるケガが補償されないプラン:B(6000円)

 ※Mプランについては、継続加入者用のプランです。

 

お客様からの問い合わせ窓口は以下のとおりです。

・0120-300-339(事故の報告)

・076-443-8740(事故報告以外、全般のお問い合わせ)

 ※6月または7月に発送される加入証にも記載されています。

キッズガードパンフレットはこちら

保育カウンセラー養成講座からのお知らせ

第22回ステップアップの会場が決まりました

開 催 日 平成28年12月3日(土)~4日(日)2日間

開催場所 西鉄イン福岡 アクロス福岡前 貸ホール(地下鉄空港線「天神駅」より徒歩約3分)

     〒810-0001 福岡市中央区天神1-16-1

     TEL 092-712-5858 FAX 092-712-5868

講  師 野島一彦氏 ●跡見学園女子大学教授、九州大学名誉教授

講義内容 ファシリテーション

申込方法 「保育通信」3月号付録の開講案内の申込書または全私保連ホームページ開講案内のダウンロードボタンから

     申込書を印刷後、必要事項を明記して下記事務局宛へFAXにてお申し込みください。

 

日頃より本連盟事業に対し、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

平成28年4月14日午後9時26分ごろ熊本県を震源とした震度7の地震が発生いたしました。以降につきましても大分県を含む九州の広い範囲にて揺れが続いております。被災されましたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

こうした状況の中、被災地の保育所等や子ども、子育て家庭等を支援するための募金を保育三団体(全国社会福祉協議会全国保育協議会・日本保育協会・全国私立保育園連盟)で共同実施することが本日決まりました。

つきましては、会員園さまや保護者のみなさまに、支援への協力を特段にご配慮いただきますようお願い申し上げます。みなさまから寄せられました浄財は、被災地域の保育組織を通し、被災保育施設の施設復旧や保育備品・生活用品等の購入など、被災保育施設そして子どもたちのために使用させていただきます。

ご協力の程、重ねてお願いを申し上げます。

○募集期間 平成28年4月22日(金)~9月30日(金)

○受入口座


金融機関 : 三菱東京UFJ銀行 

支店名  : 浅草橋支店(069)

預金科目 : 普通預金 

口座番号 : 0286561

口座名義 : 公益社団法人 全国私立保育園連盟

       保育三団体被災地支援募金

       会長  近藤 遒 

*「保育三団体被災地支援募金 」で振込手続きが可能です。

(ホイクサンダンタイヒサイチシエンボキン)

お振込手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。


保育三団体熊本地震支援募金 実施要綱

船橋市より民間認可保育所の設置・運営事業者公募に関する情報が公表されました。

詳細は以下のページをご覧下さい。

・認可保育所を設置・運営する事業者の募集(平成29年4月開設に向けた保育所整備事業)

 http://www.city.funabashi.lg.jp/jigyou/fukushi_kosodate/004/01/p043682.html

第59 回全国私立保育園連盟研究大会(東京大会)第14 分科会のテーマと内容について

下記2部構成への変更をお知らせします。

《変更前》

第14 分科会「私立保育施設における個人情報保護及び事故対応について」

  ↓

《 変更後》

第14 分科会

午前の部「保育施設に求められるメンタルヘルス対策」

午後の部「私立保育施設における個人情報保護及び事故対応について」

 

詳細は下記よりご確認をお願いします。

第14分科会 テーマと内容変更のご案内(保育通信2016年4月号)

現在、第59回全国私立保育園研究大会(東京大会)は参加申込受付中です。

申込締切 2016年5月30日(火)

※第24分科会は定員になりました。以後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。

 「全私保連自然災害連絡調整員」は、自然災害が発生した際、全私保連として会員の皆様にできることを検討するために、災害時の大切な情報を早急に収集する組織です。 

 「全私保連自然災害連絡調整員」の主な取り組みは、各ブロック内で会員園が大規模な自然災害等に見舞われ、被害を被った際、早急に状況を確認し、報告することが主となります。連絡網等に関する詳細は下記よりご確認をお願いいたします。

全私保連自然災害連絡調整員について(保育通信2016年4月号掲載)

 万が一災害等が発生した場合は、まず、会員の皆様が所属する組織の事務局へご連絡いただくようにお願いいたします。今後も、全私保連として会員の皆様の安全・安心に寄与できるように取り組んで参ります。

①【速報】被災状況報告書(第1段階報告書)

②被災施設状況報告書(第2段階報告書)