公益社団法人 全国私立保育園連盟

活動内容

全国私立保育園連盟では、全国の私立保育園相互間の提携、協力によって民間保育事業の健全な発展を図り、児童福祉の向上に寄与することを目的に次のような活動をしています。


予算対策・保育向上に関する事業

 保護者の負担軽減、保育制度の充実、保育条件の改善等を図るため、政府・自治体はじめ広く国民全体に向けた運動を展開し、子どもたちの育ちを守り、子育てに喜びを持てる社会環境づくりをめざします。そのための国会請願署名運動や自治体の保育・子育て施策への働きかけ、政策提言を行います。

子育て・子育ちに関する社会環境向上のため現状の課題を明らかにし、よりよい保育制度、子育て施策に向けた提言と啓発活動
 
子どもがいきいきと育つ環境、子育て支援の重要性への理解を社会全体にひろげる運動
 
保育・子育て施策に関する予算要望のため、国会議員や関連省庁、関係団体に陳情活動を展開しつつ、保育関係者や国民一般に広く理解を求める国会請願署名運動を実施
 
 

研修事業

 全国私立保育園研究大会をはじめ、子どもたちの豊かな育ちと保育の質の向上、また保育制度・保育園運営の充実のため多くの研修を実施しています。
 子どもの育ちへの理解と子育て家庭の良き支援者になるために保育士の資質の向上を図る研修活動を行います。

保育内容・保育制度・保育園運営等について実践研究を交えながら研鑽を積む、全国私立保育園研究大会や保育総合研修会
 
保育カウンセラー養成講座- カウンセリングの理論と技法を活かし、カウンセリングマインドを持った保育者を養成。初~上級、ステップアップコース開講
 
世界の保育に関する情報の収集・発信、海外研修等を通し、子育て・保育環境の充実に資する国際交流活動
 
その他、多くの研修・セミナーを実施

調査・研究事業

 保育事業の推進、発展をめざし、子どもの育ちと子育て環境の充実を図るため、各種の調査研究を行います。保育に関する情報を収集・発信しつつ、認可保育園が蓄積してきた乳幼児の育ちについての知見や研究成果等を活用し、長期的な視野に立つ保育・子育てに関する社会貢献をめざします。

保育事業、子どもの育ち・子育てに関する情報収集と実態調査
保育制度・保育施策に関する情報収集と提言
地方自治体の保育・子育て施策に関する情報収集と伝達
「保育・子育て総合研究機構」は、子どもの最善の利益をめざしつつ、これからの子ども家庭福祉のあり方、乳幼児教育・保育のあり方に関する研究を進めながら保育の質の向上と社会貢献をめざす
 
 

福利厚生事業

 保育園・園児・職員・保護者等を対象とする各種保険に関する業務を行うとともに、保育園運営の向上に資する情報提供・施設経営の相談等に対応します。
 特に保育園運営における日常的な園内事故や事件に対する適切な知識と危機管理意識を持つことを促進します。

保育園のニーズや時代背景に応えるより良い保険制度を検討し、加入促進を図る
保護者向け保険・園児総合保険共済制度(キッズガード、ちびっこくらぶ)の内容検討と加入促進
 
危機管理意識を高め、園内事故を未然に防ぐために危機管理セミナー、危機管理マニュアル等で啓発を図る
 
また事故発生時の対応のため相談窓口を開設しアドバイス

広報・出版事業

 保育関係者の意識を高め、保育の質・保育内容の向上や保育制度の改善等につなげるため、保育・子育てをめぐる幅広い情報や保育制度・保育行政に関する最新の情報を発信します。また、よりよい子育て環境づくりの啓発のためインターネットの普及と活用を図ります。

機関誌『保育通信』の発行
一般社会へのより広い情報発信のためインターネットを通じてホームページ(あおむし通信)上で情報提供
 
研修事業やその他の事業に活用できるリーフレット、ブックレット等の発行
保育園のホームページ開設や運営に関する情報提供と協力
i-子育てネット(全国子育て支援ネットワーク)の更新等に関する協力